MAN WITH A MISSIONおすすめアルバムBEST3!!


MAN WITH A MISSION

エレクトリックレディーランド発5人組ロックバンド「MAN WITH A MISSION」(以下マンウィズ)。ジミーヘンドリックスの研究の結晶である彼らのおすすめを紹介します!!

Beef Chicken Pork

2014年2月12日リリース。全米デビューに向けて今までの英語詞の歌のみを収録したアルバム何ですが、実質ベストアルバムと言ってもいいくらいに、珠玉の12曲が集まってます!そりゃ海外にも通用するわって感じです。しかも、全曲新しくレコーディングして収録されているので、もともと知っている人からしても新鮮な一枚!

1.distance (ENG Ver.)
2.Get Off of My Way (ENG Ver.)
3.HASTA LA VISTA
4.Smells Like Teen Spirit
5.FLY AGAIN
6.Mash UP the DJ!
7.Take What U Want
8.NEVER FXXKIN’ MIND THE RULES (ENG Ver.)
9.Bubble of Life
10.colours
11.DON’T LOSE YOURSELF (ENG Ver.)
12.TAKE ME HOME

1.distance

私がマンウィズで一番好きな曲です!イントロからサビ前まで徐々にあったまっていく感じがたまらない!たどり着いたサビはメロディセンス溢れまくりぃぃぃ!

2.Get Out of My Way

私がマンウィズを好きになったきっかけの曲です。あなたも「ゲドンゲドンゲドンゲドン・・・」の渦に飲まれるがいい・・・

3.FLY AGAIN

マンウィズの超代表曲。みんなで盛り上がれるスーパー楽しい一曲。カラオケで歌いづらいのがネック笑

Tales of Purefly

2014年3月12日リリース。今でも彼らのライブの核となっている曲がたくさん入ってます!要チェック!

1.tales of purefly
2.evils fall
3.Wake Myself Again
4.database feat.TAKUMA(10-FEET)
5.vitamin 64
6.higher
7.Emotions
8.whatever you had said was everything
9.When My Devil Rises
10.Searching life
11.your way
12.babylon
13.Dancing On The Moon

1.datebase

あの10-FEETのTAKUMAさんとのコラボで話題になった1曲。サビの「データベース」の連呼は、1度聞いたら頭か離れない!気づいたら「うぉっおー!」とノってしまう。そんな感じ。

2.emotions

シンプルにかっこいい。マンウィズ、この曲だけ好きって人もちらほら聞きます!

3.whatever you had said was everything

「クローズEXPLODE」とのコラボレーション作品。不良たちの固い絆を彷彿とさせるシンガロングたっぷりの「whatever you had said was everything」はマンウィズのアンセム的1曲。

The World’s On Fire

2016年2月10日リリース。映像作品からバンドまで様々なコラボレーションが詰め込まれている、彼らの活動の広さを感じられる1枚。

1.Survivor
2.Waiting for the Moment
3.Dive
4.Raise your flag
5.followers
6.The World’s On Fire
7.Give it Away
8.Seven Deadly Sins
9.Mirror Mirror
10.Memories
11.Far
12.Out of Control
13.ワンダーランド

1.Dive

劇場版新宿スワンのテーマソング。新宿スワンが原作から好きで、しっかりと全巻揃えてる私からしたらブチ上がりの1曲。新宿スワンの曲は毎回外さないですよね。ウーバーしかりマイファスしかり。

2.Raise your flag

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」主題歌。オルフェンズ大好きで毎週見てた僕はもちろんこの歌も大好きでした!!別にオルフェンズなんも見てないって人もこの曲知ってたりして、タイアップの有無に関わらず有名になるポテンシャルがあった曲だと思います!

3.Out of Control

オオカミ対シマウマというコンセプトのもと作られた、アメリカのバンド「Zebrahead」とのコラボ曲。自然界の激闘を見逃すな!

最後に

いかがだったでしょうか?日本が誇るオオカミたちの今後の活躍を見逃すな!