Sleeping with SirensおすすめアルバムBEST3!!


Sleeping With Silence

アメリカ合衆国フロリダ州オーランド発ポストハードコア「Sleeping with Sirens」。ハードなロックサウンドと、それとは対照的なスーパーハイトーンボイスの中毒性は計り知れない。私自身、初めてSleeping with Sirensを知った時は、がっつりハマって、授業と授業の間の休み時間にトイレに駆け込んで聞いていました笑 それぐらい聞いてないと落ち着かないくらいの中毒性があります。そんな彼らの作品の中から私の思うおすすめ3枚を紹介します!

With Ears to See and Eyes to Hear

Sleeping with Sirensのアルバムの中で一番攻めている印象があります。ボーカルKellinのハイトーンボイスを余すことなく使ったSleeping with Sirens初期衝動的1枚。

1.If I’m James Dean, You’re Audrey Hepburn
2.The Bomb Dot Com v2.0
3.You Kill Me (In a Good Way)
4.Let Love Bleed Red” (featuring Aaron Marsh)
5.Captain Tyin’ Knots vs. Mr. Walkway (No Way)(featuring David Stephens)
6.Don’t Fall Asleep at the Helm
7.With Ears to See, and Eyes to Hear
8.In Case of Emergency, Dial 411
9.The Left Side of Everywhere
10.http://www.youtube.com/watch?v=tgMzriO93-Y[1] [a]

1.If I’m James Dean, You’re Audrey Hepburn

1曲目のこの曲の衝撃が半端ない。出だしの「stay」でもっていかれる。この絶望の中での叫びみたいな感覚がたまらない。

2.The Bomb Dot Com V2.0

こちらも出だしでもってかれる。出だしだけで言ったらこの曲が一番好きです。サビのギターリフも印象的。

3. In Case of Emergency, Dial 411

サビの爽快感、突き抜ける感覚、特に「I can save you」の後の「If you ask me, just ask me to」と言うフレーズが突き抜ける。

Let’s Cheers to This

上記の「With Ears to See and Eyes to Hear」の1年後に出たアルバム。全体的に前作より明るく勢いづいたイメージがあります。特に1曲目と2曲目のダブルエースは必聴。

1.Do It Now Remember It Later
2.If You Can’t Hang
3.Who Are You Now
4.Four Corners and Two Sides
5.A Trophy Father’s Trophy Son
6.Fire
7.Tally It Up: Settle the Score
8.Nickel Ain’t Worth My Dime
9.Postcards and Polaroids
10.All My Heart
11.Let’s Cheers to This

1.Do It Now Remember It Later

一緒にウォウウォウ、イェイイェイ叫びたくなってしまうシンガロング感に、前作にはあまりなかった疾走感が加わって、まさに「勢い」を感じる。

2.If You Can’t Hang…

再生回数約1億回というSleeping With Silenceの大大代表曲。1曲目でぶち上げたところに投入されるキラーチューン。クールなイントロから静かなAメロBメロを乗り越えて、キャッチーで疾走感のあるサビに突入!1度聞いてしまったら最後。頭から離れない!!

3.Fire

前作「With Ears to See and Eyes to Hear」の世界観に近い曲。Sleeping with Sirensと言ったらコレコレという安心感すら覚えます。

Feel

アコーティック調のセルフカバー「If You Were a Movie, This Would Be Your Soundtrack」を経て、リリースされたこの「Feel」はガラッとって程でもないですが、ちょっと今までとは雰囲気が違う印象を受けました。これはこれでかっこいいんですけど。

1.Feel
2.Here We Go
3.Free Now
4.Alone(featuring Machine Gun Kelly)
5.I’ll Take You There(featuring Shayley Bourget of Dayshell and formerly Of Mice & Men)
6.The Best There Ever Was(featuring Fronz of Attila)
7.Low
8.Congratulations(featuring Matty Mullins of Memphis May Fire)
9.Déjà Vu
10.These Things I’ve Done
11.Sorry
12.Satellites

1.Here We Go

疾走感溢れる1曲目らしい曲。ワンオク好きには絶対ストライクだと思います。

2.Alone

出だしの「ウォー!」の爽快感は半端ない!kellinのハイトーンボイスだからこそ成せる技だと。サビの(no one should have to die alone)
I could fall apart here and nowと言うフレーズの追撃感がたまらない。

3.These Things I’ve Done

最後に

いかがだったでしょうか?このサイトではあまり海外のバンドは紹介していませんが、好評だったら増やそうかなと思ってます。スリーピングウィズサイレンスはまじでおすすめなのでこれを機に聴きこんでほしいです!それでは。


2 Comments