青写真がえぐい!Ivy to Fraudulent Gameの「(cell) / ambient」をレビュー!!


実はYoutuberやってます!

https://www.youtube.com/channel/UCeMGpaSdWSeX2XkxJ4H1VtQ
記事を読んでいただきありがとうございます。拙い文章ですが、あなたのミュージックライフに貢献できていたら嬉しいです。 さて、宣伝になってしまうのですが、私ユーチューバーもやっておりまして、よかったら遊びに来てください^^ https://www.youtube.com/channel/UCeMGpaSdWSeX2XkxJ4H1VtQ
内容は、音楽と全く関係ないのですが、お気に召したら登録お願いします!

(cell) / ambient

「(cell) / ambient」は「Ivy to Fraudulent Game」の2枚目のCDみたいです(HPによるところ)。それ以前にデモが何枚か出ているので、全国流通盤の2枚目ということだと思います。6曲入りとなかなかのボリュームでもちろんどれも名曲ばかり。今回もまたジャケットがかっこいい!このころのアイビーのCDジャケットは本当にたまりません。今回はそんな「(cell) / ambient」の全6曲を紹介していきます!!

1. dulcet
2. she see sea
3. 反逆者
4. 青写真
5. 傾き者
6. 漂う

1.dulcet

動画の冒頭で流れてくるのが、「dulcet」のイントロなんですが、イントロから「ザ・ポストロック」といった感じでルーツに「my bloody valentine」があるのが納得できます。曲全体として抑揚が効いている上に、壮大なサビではボーカル寺口さんの歌唱力が重なりかなりの迫力に。そしてそれをライブでも音源以上の迫力で再現してくれます。

2.she see sea

アイビーの代表曲。動画の音源はこの「(cell) / ambient」の後に「shes see sea」を再録したファーストミニアルバム「行間にて」の音源だと思います。「(cell) / ambient」では、もう少し歌い方が丸かったり、ギターが少し違ったりといった感じです。個人的には動画のバージョンの方がかっこよくて好きですね。最初の「タン、タタン」のリズムの手拍子がライブでの恒例。

3.反逆者

「言葉になる この想いすら」の「すら」の部分がめっちゃかっこいい。このサビまでにじっくり溜めるところもアイビーらしく、いい意味で焦らされます。

4.青写真

きました、青写真。他の記事でも述べているんですが私はアイビーの中でこの曲が一番好きなんですよ。今回の「(cell) / ambient」の音源では、上の動画の最初のベースソロがなかったりと、少し違います。この青写真をやる前の「負ける気がしねぇ」の一言がめちゃくちゃかっこいい!この曲だけでもアイビーのライブを見る価値が十分にあると思います。イベントで見れるチャンスがあったりしたらぜひ覗いてください。

5.傾き者

まずは、公式サイトに歌詞があったので、どうぞhttp://www.ivytofraudulentgame.com/lyrics/傾き者/

アイビーはこういう「都会」について歌った曲がちょいちょいありますよね。群馬県の田舎から進出してきた彼らにとっては、それだけ考えさせられるものがあったのでしょうか。「東京」「故郷」そして「傾き者」の歌詞が公式HPに上がっていることから、こういう社会に対する歌は歌詞に注目して欲しいというメッセージングなのではないでしょうか。

6.漂う

7:41とかなり長い曲です。曲構成を楽しむ曲なのでしょうか。私のセンスではまだこの曲の本当の魅力がわかりきっていない気がします笑

最後に

いかがだったでしょうか?(cell) / ambientは本当にいい一枚ですよね。もう定価以下で買うのは困難ですが、メルカリとかにたまに売ってるのでよかったら探してみてください笑 それでは

実はYoutuberやってます!

https://www.youtube.com/channel/UCeMGpaSdWSeX2XkxJ4H1VtQ
記事を読んでいただきありがとうございます。拙い文章ですが、あなたのミュージックライフに貢献できていたら嬉しいです。 さて、宣伝になってしまうのですが、私ユーチューバーもやっておりまして、よかったら遊びに来てください^^ https://www.youtube.com/channel/UCeMGpaSdWSeX2XkxJ4H1VtQ
内容は、音楽と全く関係ないのですが、お気に召したら登録お願いします!
One Comment

Add a Comment